6/9の日経はダウ大幅安も底堅さを見せる

ここでは、「6/9の日経はダウ大幅安も底堅さを見せる」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の日経平均は308円安の14,181円と大幅安。
ドル・円は104.47-105.43円と意外と場中は円安方向に向かっていました。

先週金曜のダウ概況


日本時間21:30に発表された雇用統計が大幅に悪化。また、原油価格が9ドルも上昇したことから大幅下落となりました。
先週木曜の大幅上昇を打ち消すような大暴落。

VIX指数も悪化していたことから、市場参加者の不安心理に火がついた格好。
最近の経済指標で楽観的材料が多かったことからも、利益確定売りや、手じまい売りに、狼狽売りも加えて、売りに売りを重ねる状況です。

12,500ドルを簡単に割ってしまったことからも、目先の抵抗線は12,000ドルとなり、12,000-12,500ドルのボックス相場になればいいのですが、こう悪材料が続くようだと、下値を模索する展開になりそうです。

ただ、ドル・円も106円台にのせてから、ダウ暴落を受けて104円台になりましたが、各国が原油価格の急騰に対しての対策会議を開いたことから、日経の場中には105円にのせていますので、方向性がどちらに傾くかで、大きく変わってくる気がします。

日経の概況


ダウ大幅安で、ドル安も2円ほど進行していたので、CME先物で帰ってきた値は14,100円台。その価格にさやよせするように、日経も400円近く低く始まってのスタートです。

この悪いスタートは1/4の大発会のスタートを思い出しますが、意外と14,100円で始まってからは、下抜けないとわかると、小幅ながら上昇します。

後場に入ると、ドル・円が105円台にのせたことからも、14,250円まで反発しますが、それ以上の買い材料もなく、今晩の米国市場を見極めようという向きもあり、売買は薄く、19億株と低調でした。その分、ジリジリと下げて、14,180円で終えました。

金先物上昇のために上がった鉱業を除いての全面安。
パルプ・紙が後場になって上昇。
原油価格上昇でも、卸売業も弱かったです。

個別銘柄


FDK(6955)
上昇率2位。20%近くの大幅高。古河電池(6937)も12%上昇。資金が再び電池関連に移動したようです。短期的な資金移動だと思われ、日経が再び上昇に転ずれば、また、下がっていくので、今から買おうとは思わない銘柄ですね。

ZENTEK(4296)
個人的に気になった銘柄。材料もなく、朝からストップ安で、比例配分。11,605株も売り板に残るひどい暴落でした。社長の株売却が不安心理に火をつけて、売り方が空売りをしかけたのかな。
どこまで下がるか見ものですね。連日の大幅安で、一度、大陽線をつけていることからも、もしかしたら、また大幅反発があるかもしれませんが、危ないので、触らないほうが良いかもしれません。
110,000円台では、回転させて、儲かった銘柄なだけに残念。

今日の売買成果


投資判断:中立・売り(日経でも大暴落の予感)

寄り底でしたね。
意外と強かったので、拾えませんでした。

マーベラス(7844)、ぴったり30,000円。
スタバ(2712)は-100円。
この二つは日経大暴落かんけいないもんなぁ。
ある意味、安心して持っていられる。

サイバー(4751)を150,000円で拾おうとしたけど、大口の売りが出たので、撤退。
ここ、大口売りさえなければ、出来高も多くて、回転しやすいのになぁ。

株式投資損益


本日の株式投資損益 -12,955

通算株式投資損益 -9,026
分散投資用 S株総計 485,647 円保有(171銘柄)

あちゃー。
また、損失に逆戻りですわ。
今回は仕方ないです。
ほとんどS株だし、どうしようもなかった感じです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://megassayorke.blog120.fc2.com/tb.php/123-4cb67241
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。