6/12の日経はダウ暴落で、終値14,000円の大台を割る大幅安

ここでは、「6/12の日経はダウ暴落で、終値14,000円の大台を割る大幅安」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の日経平均は294円安の13,888円と5/28以来の終値で14,000円の大台を割ってしまいました。
ドル・円は106.80-107.37円と場中に107円台にのせてきたのですが。

昨日のダウ概況


原油在庫が予想以上に減っていることから、原油価格が高騰。
そして、狙ったかのような、格付け機関の投資判断引き下げ。
3月水準の12,083ドルをつけることに。

でも、目先の下値抵抗線が12,000で、今日反発が見られるなら、まだ、12,000-12,500ドルのボックス相場で展開しそうです。

日経の概況


日経寄付はダウ大幅安とあって、13,900円と、節目の14,000円を割ってしまったことから、終始軟調な展開。
13,800円で反発するも、明日、メジャーSQを控えていることから、大きな買いも入らず、13,800円の抵抗線上でほぼ横ばいとなりました。

昨日の大幅高は、やっぱりダウ期待だったんですね。その分、一気に株価を押し下げる要因にもなりました。


マザーズも朝方は少し高く始まったのですが、後場にマイナス。。
ジャスダックは小幅安。
東証2部指数もほぼ横ばいでしたが、終わってみれば、小幅安。

ほぼ全面安ですね。ちょっと、明日のメジャーSQは恐いですね。寄り付き後の投資姿勢は今日のダウにかかっていますね。

予想としては、昨日の大幅安の反動で、ダウ小幅高で終えて、日経は13,800円付近で寄り付き、その後は、14,000円を目指して、はねかえされて、13,900円ほどで終えるんではないでしょうか。まあ、予想ですけどね。

個別銘柄


JFEホールディングス(5411)
バルチック海運指数が大幅安だったため、商船三井(9104)などの大手海運株は寄付きから、軟調な展開。日経の下げを引っ張る格好となりました。

今日の売買成果


投資判断:中立・売り(13,800円で押し目買い)

13,800円で、なんとか反発しましたけど、鈍かったですね。

兼松(8020)を1株持ち越してしまって、寄付きでは、163円→160円で(´・ω・`)ショボーン
日経13,800円で反発すると思って、159円でナンピン。引けにかけて、強く161円で終えました。
これで損失0だけど、今日のダウ次第で、まだまだ下げそう。

マーベラス(7844)、売り板が薄いおかげで、まさかのプラスww。
スタバ(2712)はとうとう、50,000円の買い板が破られて、49,500円まで一気に。
また、反発してくれるのを待ってるよ。ヽ(τωヽ)ノ

株式投資損益


本日の株式投資損益 -10,039

通算株式投資損益 -22,574
分散投資用 S株総計 443,904 円保有(171銘柄)

ああ、損失が増えていく。
でも、今週は日経601円も下げているんだもんなぁ。
今週の下げはひどすぎ。
とにかく、6月はプラスにしたいなぁ。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://megassayorke.blog120.fc2.com/tb.php/129-ab514016
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。