7/14(月)の寄り前情報

ここでは、「7/14(月)の寄り前情報」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外資系寄り付き前注文動向


売り 3,070万株←3,170万株←2,140万株←2,260万株←2,420万株
買い 1,950万株←2,390万株←1,700万株←1,240万株←1,670万株

差し引き 1,120万株の売り越し。
金額ベースでも大幅売り越し。
外資系売買動向は8日連続で売り越しです。
前場は上昇することが難しいですね。

CME日経平均先物終値


12,960円(80円安)

ドル・円は、106円台前半で小動き。
一時は、105円付近まで落ちて、ダウが上がって、106円台を回復。

前場の投資判断:中立(為替とダウ夜間取引、米国のニュースに注目です)

ダウは寄り付きから11,226ドルで始まり、そこから、一時、11,000ドル割れまで大暴落しています。
その後、11,100ドルまで上昇を見せますが、少し予断を許さない状況。

11,000ドルを破られるか破られないかで、全く相場の流れが違います。

ダウの夜間取引に注目し、11,000ドルが割れていなければ、底として認識され、これからの反発が期待できますが、破られてしまったら、どこまで落ちるかわかりません。

今、重要なのは住宅金融大手のファニーメイとフレディマックの金融不安、このニュース次第で、上か下かです。破綻危機のニュースが出て、政府が救済策を取れば、上昇。何もしなければ、下落とわかりやすいです。

でも、そのニュースを個人投資家が知るのは、相場が動いた後です。
そのときにはもう遅いと思いますので、場の空気を読みながらの慎重な投資が必要です。
とにかく、慎重派の人はノーポジが良いと思います。

今日の予想レンジ


12,750円-13,200円
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://megassayorke.blog120.fc2.com/tb.php/182-548693bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。