4/11の日経はまさかの大幅高・小売が牽引

ここでは、「4/11の日経はまさかの大幅高・小売が牽引」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の日経平均は378円高の13,323円と、右肩上がりの強い展開。
ドル・円は101.53-102.26円と徐々にドル高が進んでいきました。

オプションSQで寄り底となり、ダウは小幅高・ドル高・アジア株高・外資系証券会社動向は買い越しと好条件揃い踏みで、前場から大きく上昇する展開。
後場、G7を控えて、少し安くなるかなと思ったのですが、それでも、強い。
その後も100円上げて、高値引けとなりました。

小売で明暗が分かれましたが、全般的に小売が今回の大幅高の牽引役でした。

前日決算と自社株買いを発表したセブン&アイHD(3382)は11.56%高い2,895円と上昇率7位と健闘。あの決算で、上昇って。どんだけぇ、悪材料を織り込んでいたのww。ファミリーマート(8028)は配当増配ですし、好決算でしたので、この上昇はうなずけます。ブックオフ(3313)も連れ高、7.5%上昇。何故に?

対して、ローソン(2651)はもっと強い決算を予想していたため、7.67%安の3,970円。堂々の下降率3位。トップはポプラ(7601)。来季の予想がかなり弱気だったので、急降下。これ、どちらともかわいそうですね。イオンもセブン&アイも小売業績悪化から事業縮小して不採算部門をなくして、利益を増やそうとしているのを、ローソンもボプラもやっているだけなのに。これほど明暗が分かれてしまうとは。

あまりにも下げたんで、ポプラを100株買い戻しました。590円で。見直し買いに期待。

あとは、銀行では、みずほFG(8411)が面白い動き。前場引けに、また、サブプライム損拡大と報じられましたが、3度もあれば、株価はすでに織り込んでいたのか、もしくはもっと損失が出ていると思って、悪材料出尽くしで上げたのか、不明ですが、これは来週の月曜、どうなるか楽しみです。

しかし、今日一番かわいそうなのは武田(4502)。
米バイオベンチャー企業のミレニアムを買収したと報道されて、まさかの大幅安。
資産の半分相当の現金での買収がいけなかったんですかね? 日本では薬価改定でこれ以上売上を伸ばせないとして、外国比重を大きくして、将来の業績拡大を狙っての買収だったのですが、これが好材料でなく、悪材料としてとらえられてしまうというのは、私もまだまだ市場を理解できていませんね。
昨日のイートレードの夜間取引では、5,700円と200円高がついていたんですよ。それがふたを開けてみれば、5,110円スタートですからね。PTSで買った人涙目ですよ。
私もS株で40,000円程持っているので、涙目。

また、失敗だったのが、今回の大幅高は、東証1部の大型株メインだったんですよね。
その分、小型株やマザーズなどは見向きもされませんでした。
業績の良いアルバイトタイムス(2341)を121円で200株。バリューコマース(2491)を27,000円で1株買い増し。そして、鬼ホールドのマーベラス(7844)3株は1200円安の30,800円。
こんな大幅高のなか、低位株を買って、損をしてしまった自分に絶望した!
しかも、ゼンテック(4296)、101,000円で指していたのに、102,000円から急上昇するとは、見誤った。これは悔しい。唯一、目をつけていた中で上がった株なのに。

本日の株式投資利益 +6,825
今週の株式投資利益 -5,153

日経平均は大幅上昇で今週は30円高なのに。orz
銘柄選別は大事ですね。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://megassayorke.blog120.fc2.com/tb.php/38-88fb3145
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。