4/18の日経は薄商いながらも、後場上昇する強い展開

ここでは、「4/18の日経は薄商いながらも、後場上昇する強い展開」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の日経平均は78円高の13,476円と、後場上昇し、プラスで終えました。
ドル・円は102.31-102.59円とほとんど変動なし。

昨日のダウ概況


米・4月フィラデルフィア連銀業況指数が-24.9(予想-15.0)と予想より悪化しているのを受けて、株安になりましたが、IBMの格上げやメリルリンチの悪決算を株価は織り込んでいたために、上昇に転じ、1ドル高と前日と変わらずで終えました、

株価上昇を受けて、ドル・円も102円台に落ち着きました。
シティグループの決算待ちでしょう。一番悪材料になりそうな、決算ですが、上に行くか下に行くかは想像できません。

チャートで見た場合、一目均衝表で見ると、依然、雲の上限に上値を抑えられているように見えるために、シティの決算で突き抜けられるかがポイントです。

下値は、12,500円をメドに反発しているため、12,500-13,000ドルで推移することが予想されますが、12,500円を突き抜けてしまうと、雲の下限の12,200円水準になってしまうので、やはり注意が必要です。

日経の概況


様子見気分継続です。
売買高は15億と最低水準です。
ただ、最近の日経はズルズルと落ちても、反発が強いのが特徴ですね。
13,300円付近で反発し、そのまま後場、右肩上がりでの上昇。

13,500円を突き抜けるには、商いも薄く、材料も少ないため、シティの決算と来週から始まる3月決算次第ということでしょうか。

ちらほらと出ている2月決算に、市場の反応は良いようです。
今期の業績悪化はすでに織り込み済みな銘柄が多く、来期の予想に対して、強気な銘柄は急上昇し、弱気なら、急降下と、来期の予想が大事になってきます。

それにしても、日経平均が5週連続プラスで終わるのは良いですね。
来週もこの記録が伸ばせるかな。

個別銘柄


キヤノン電子(7739)
好決算ではありませんが、来期の予想が少し強気だったために上昇。
2,500円の戻り高値を更新していけるかが、今後の鍵となりそうです。

ネットイヤー(3622)
ストップ高。やっと新興に資金が回ってきました。全体にではなく、個別にだけど。ウェブマネー(2167)やサイバーエージェント(4751)などは売られ、ちょっと選別が難しいです。

今日は海運と鉄鋼に資金が集まり、医薬品が売られましたね。

今日の売買成果


投資判断:中立(銘柄選別を慎重に)

バリューコマース(2491)を1株寄りで27,360円で売りました。持ち株はなしに。26,000円で買い、27,000円で売りのようですね。

完璧に買うタイミングを逃しました。
どうも金曜日との相性は悪いみたいです。
金曜日に発表するIRは悪材料となることが多いので、積極的な売買はし難いんですよね。
金曜日に悪材料を発表したら、土曜日、日曜日と冷静になれる期間があるから多いみたいです。

本日の株式投資利益 +4,530
今週の株式投資利益 +11,256

来週は企業決算を見極めながら、慎重にやっていこうと思います。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://megassayorke.blog120.fc2.com/tb.php/53-5e28a0a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。