5/7の日経は上値と下値を確認する展開

ここでは、「5/7の日経は上値と下値を確認する展開」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日の日経平均は53円高の14,102円と、高値を更新。
ドル・円は104.65-104.94円と104円台で落ち着いていました。

昨日のダウ概況


5/5発表の米・4月ISM非製造業景況指数は52.0(予想:49.5)と50を上回り、景気後退感が少し薄れたために、ドル・円はドルが上昇。ただ、株式は逆に軟調な展開になり、ドル・円も行って来いになりました。

最近は良い経済指標が出ているために、そろそろ悪材料が出るんではないかと、市場心理が総楽観から変わりつつあるのかもしれません。

まあ、その予感通り、フレディ・マックとファニーメイの赤字額が膨れ上がっているのを受けて、ダウは寄り付き前は軟調な展開でしたが、下値を確認すると、また、堅調な展開になりました。

どうも、またボックス相場に入りつつあります。
方向感に欠けた展開も13,000円を挟んだ攻防になり、上回っては上値を抑えられ、下回っては下値の底堅さを見せる。
あまり深く考えないほうがよさそうですね。

日経の概況


GWの市場の休み中にダウは上下しましたが、ドル・円もあまり動きなしで、ダウは小幅高とあって、寄りから買われる展開。

外国人の買い越し額も大きかったことから、再び、上値を試しますが、14,200円の真空地帯では、なかなか買い進めることも出来ずに、下落。

14,000円は固い底値となっていますので、この底値を割り込むにはサブプライムか、スタグフレーションの兆候などの相当の悪材料が必要になります。

やっぱり、日経もダウにお付き合いしているので、こちらも深く考えず、個別銘柄の物色に時間をあてたほうが良いかもしれません。

個別銘柄


住友金属鉱山(5713)
再び、原油・金先物が上昇したことから、また、買われる展開。資源関連は投機筋も入っているので、先が読めない展開ですね。

日本調剤薬局(3341)
再び、上昇率トップに。今期業績予想がかなり強気であり、新規出店も増やしたことで、将来の増益期待で買われる展開に。国内でも見方によっては、きちんと個別で買われているので、銘柄選びがやはり重要だと再度思いました。

鉱業・石油・商社などのエネルギー関連が強い。
特に鉱業の過熱感は半端ない。これは買うべきか、売るべきか?

今日の売買成果


投資判断:中立(そろそろ天井でもおかしくない)

バリューコマース(2491)を2株安く売っちゃいました。26,480円と26,980円で。
ストップ高ですよ。まさかこれほど上がるとは思わなかった。材料もないし、投機筋でも入ったかな?
まあ、また安くなれば買おう。

株式投資損益


本日の株式投資損益 +12,432

通算株式投資損益 -417,253
分散投資用 S株総計 478,233 円保有(170銘柄)

今回は久しぶりに、買った銘柄が当たりましたので、少しうれしいです。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://megassayorke.blog120.fc2.com/tb.php/74-f937245f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。